常温長期賞味期限食品の誕生

賞味期限6年

従来の保存食は賞味期限が1年〜3年の物が多く、保存食としては短いというお客様の声が多くありました。LLF®では、新含気製法を取り入れて、賞味期限を飛躍的に延ばすことを可能にしました。

おいしさアップ

従来のレトルト食品や缶詰は食材の食感・風味がなく、温めないとおいしくないものが多くありました。LLF®は、素材の風味や色・食感を損ないません。また、開封後そのままおいしく召し上がれます。

豊富な品数

従来の保存食と言えば乾パン、ビスケットなど味気ないものばかりでした。LLF®は、豚汁やさばの味噌煮など普段食べ慣れた味を取り揃えています。またお子様等にもおいしく食べられる日常食です。

栄養バランス

栄養的に優れた食品を揃え、肉・魚・豆・植物繊維と栄養バランスを考えました。おなかをみたすだけの従来の保存食と違い、体のことをしっかり考えました。

新含気製法による商品開発

原材料を下処理、前処理後、4層のアルミパウチに入れ、窒素ガス置換包装後、最小限の加圧加熱殺菌により、素材の風味・食感を損なわず、常温で長期保存を可能にした製法。

公的検査機関の検査を下記の通り実施しています

 ❶ 無菌であることの証明(微生物的根拠)

 ❷ 経年変化の確認(理化学的根拠)

 ❸ 官能検査による評価(客観的による劣化根拠)

■5,6年検査報告書(アレニウスの式に基づく理論値) 一部抜粋

5,6年検査報告書

アレニウスの式

ある温度での化学反応の速度を予測する式。スウェーデンの科学者アレニウスが提唱した。物質の反応速度は、10℃上がる毎に2倍になるという理論。

備蓄食として我々が前提としていること

① 備蓄食料として、以下の条件を充たしています。
・おいしいこと
・栄養バランス(植物、ミネラル、ビタミン)が取れる
・野菜が不足しない
・封を開けてすぐに食べられる
・保存性が高い
・普段食べなれた食事がとれること
② 「水」・「火」がなくても、そのままおいしく食べられます。
③ 温めれば、さらにおいしく食べられます。
④ 従来の、レトルト食品、缶詰等の問題点を解決した商品。
・食感・風味がよい
・温めなくても食べられます
・缶詰、レトルト臭がない
⑤ 結果 6年の画期的な長期賞味期限食品の提供。
⑥ いつでもどこでも食べられます。