baner-840
dot-yajirushi-red Home dot-yajirushi-red 企業案内 dot-yajirushi-red 個人情報保護について dot-yajirushi-red 支払い
index
ber-135-blu
accept
ber-135-blu
payment
nagomiyaron
bank
card-1.jpg
card-2.jpg
ber-135-blu
contact
freecall0800-888-6111
土・日・祭日定休日
受付時間
9:30〜17:00まで
border-redl
baner-1
 震度7の首都直下型地震に備える
shindan-5
今後30年以内に震度7クラスの地震が70%程度の確率で首都圏に発生する可能性があると政府の調査結果に推定されています。
東京大学木質構造研究会の安藤直人先生は今の住宅の8〜9割の住宅は、耐震性に問題があるといいます。
baner-1 外壁タイルのしくみ
border-redl
baner-1
 揺れに弱い家とは?
shindan-6 shindan-7
shindan-8 shindan-9
baner-1
 1981年(昭和56年)以前に建てられた家は要注意!
1981年(昭和56年)6月1日に建築基準法(施行令)の改正により新耐震基準が施行されました。
【新耐震基準】
・震度5レベルの地震には、建物が壊れない。
・震度6弱レベルの地震でも建物がすぐに倒壊せず、中にいる人の安全が確保される。
1981年(新耐震基準)より前に建てられた家は、新耐震基準を満たしていません。!
1981年以前に建てられていても地震による危険性を知らずにそのまま住まれている方がほとんどなのが現状です。
さらに、一戸建住宅などでは1981年に建築確認を受けないまま建築されたものや、建築確認は受けたが設計どおりに建てられていない違反建築物も存在します。
たとえ新耐震基準が施行された後の家であっても実際の建物の状態などをしっかりと確認しない限り安全とは言い切れません。
shindan-10
baner-1
 2000年(平成12年)以前の家は地震で柱が抜ける危険性が!
2000年(平成12年)5月31日に建設省告示1460号「木造の継ぎ手及び仕口の構造方法を定める件」により、筋かい端部における仕口(筋かいと柱・土台等との接合部のこと)の接合方法が具体的に厳しく規定。
木造3階建ては特に構造計算により安全性を確認することを義務付けていますが、2階建ては構造計算されていないことが多いため安心はできません!
この告示は、阪神・淡路大震災において、木造軸組工法の建築物で柱が抜けて倒壊していたものが多かったことに鑑みて作られました。
義務付けられたホールダウン金物は木造で建物が水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に対抗するために、1階では基礎又は土台と柱、2階・3階では上下階の柱と柱 又は柱と梁に取り付けて、耐震性を確保する重要な補強金物です。
shindan-11
baner-1
 シロアリ被害は耐震性を損なう!
木造住宅の場合は見た目はきれいでも、木材を栄養にしているシロアリや木食い虫の喰害にあっていてる場合があります。 暗くて湿気が多いところは喰害が発生しやすく、調査するときには必ずチェックしなければなりません。
shindan-12 shindan-13 shindan-14
baner-1
 東日本大震災の被害(2011年3月11日)
東日本大震災では崩壊家屋の大半が1階が押し潰されて2階が下に落ちていました。
亡くなった方の半数は、逃げ道が塞がれたことで潰れた家にはさまれた状態で亡くなっていったと考えられます。
地震による被害を避けるには、耐震診断であなたの家の問題を知ることが重要となります。
shindan-15 shindan-16
baner-1
 ソーラパネル設置前には耐震性をチェック!
太陽発電システムを設置すると屋根に平均的に400kg程度の重量がかかります。
しかし、耐震強度が弱い昭和56年(1981年)以前に建築された建物でもソーラーパネルを載せても大丈夫とされています。地震のときに建物上部に重みがあったり、重量が片寄っていたり、老朽化などで家屋に負担がかかり、ねじれが生じたり倒壊する恐れがあります。
弊社ではソーラーパネル設置前に耐震診断で耐震性をチェックすることをおすすめしています。

あなたの家の状態が耐震診断でわかります!

shindan-19
baner-10-denwa
baner-10-soudan
border-vol
content
baner-9-1
shindan-135
baner-9-2
baner-9-3
information
baner-9-4
sample-1
tairu-baner
Copyright(c) 2013 nagomiya-daiichi All Rights Reserved